初心者向け競馬ブログ

初心者の方に向けた競馬ブログです。

【サイン馬券2019】菊花賞のサイン馬券

 

今週のニュースを基にサイン馬券の予想をしていきます。

 

ここでは、菊花賞のサイン馬券を予想していきます。

サイン馬券とはニュースなどの時事ネタから連想される馬券のことです。

 

 

今週のニュース

 

f:id:a-ki-0120:20190731122840j:plain

  

10月14日~10月18日までのニュースを振り返ります。

 

10月14日

韓国の法相が辞意を表明しました。

元なでしこの石清水が結婚を発表しました。

 

10月15日

慶大のアメフト部が無期限の活動自粛を発表しました。

楽天の今江が引退を発表しました。

 

10月16日

巨人の鈴木コーチが退団しました。

テレビ朝日が報道番組でのやらせを謝罪しました。

 

10月17日

プロ野球ドラフト会議2019が行われました。

スバルが13万台をリコールすると発表しました。

 

 

 

菊花賞のサイン馬券

 

f:id:a-ki-0120:20190712195503p:plain

 

今週のニュースを基にサイン馬券の予想をしていきます。

菊花賞に出走予定の18頭の中から2頭を選びます。

 

ヴァンケドミンゴ

 

今週は韓国の法相である曹国(チョ・グク)氏の電撃辞任が韓国と日本で話題となりました。

 

ということで、この曹国氏の辞任ニュースに関連した馬を探すとヒットしたのが、ヴァンケドミンゴでした。

 

まず、曹国氏は1965年4月6日生まれですが、ヴァンケドミンゴも2016年4月6日生まれで誕生日が同じです。

 

菊花賞出走馬に4月5日生まれなどはいましたが、曹国氏と同じ4月6日生まれはヴァンケドミンゴただ1頭だけでした。

 

次に曹国氏は法務部長官を辞任することなりましたが、この役職に就いたのが2019年9月9日でした。

そして今回、ヴァンケドミンゴの馬番号は9ですので、「9」という数字で繋がっています。

 

また、ヴァンケドミンゴの父ルーラーシップの馬名の意味は「支配者の位」ということですが、曹国氏は騒動がなければいずれ「支配者の位」につくことができたでしょう。

 

以上のサインからヴァンケドミンゴは菊花賞を好走するでしょう。

 

 

ユニコーンライオン

 

今週は慶應大学アメリカンフットボール部の活動自粛発表がありました。

理由は「複数部員による著しく不適切な行為」ということですが、詳細は発表されておらず、どういった行為だったのか気になる人も多く、非常に話題となりました。

 

また、イギリス政府と欧州連合(EU)がEU離脱を巡り、合意に達したというニュースもありました。

 

そして、この2つのニュースに関連した馬を探すと、ヒットしたのがユニコーンライオンでした。

 

まず、慶大アメフト部の愛称はUNICORNS(ユニコーンズ)ですので、ユニコーンライオンと「ユニコーン」で繋がっています。

 

また、ユニコーンライオンの馬名の意味は「イギリス王家の象徴」なので、イギリスのEU離脱合意ニュースとも関連しています

 

以上のサインから菊花賞ではユニコーンライオンが好走するでしょう。

 

 

 

菊花賞を勝てない馬

 

f:id:a-ki-0120:20190724091705p:plain

 

菊花賞の歴史からサインを読み解き、今回の菊花賞で勝つことができない人気馬を1頭紹介します。

 

ヴェロックス

 

歴代の優勝馬の傾向から今回優勝できない馬を探すと、ヒットしたのがヴェロックスでした。

 

今回の菊花賞は2019年菊花賞となるので、「9」がついている2009年1999年1989年1979年の歴代馬の共通点を探しました。

すると、全ての馬の名前に「-」が入っていました

 

2009年がスリーロールス、1999年がナリタトップロード、1989年がバンブービギン1979年ハシハーミットとなっています。

 

そして今回1番人気になるであろうヴェロックスには「」が入っていません。

 

さらに、歴代の菊花賞馬に「ヴ」または「ウ」が頭文字の馬は1頭もいません

ア行のなかで唯一優勝していないのが「ウ」のつく馬です。

 

つまり、「ー」も入っておらず、「ヴ」から始まるヴェロックスはサイン通りに考えると、菊花賞を勝利することはできないでしょう。

 

 

合わせて読みたい記事

 

菊花賞に関連した記事をいくつか紹介します。

興味のある方はご覧ください。

 

www.a-ki-0120.com

 

www.a-ki-0120.com

 

おすすめ予想サイト

 

サイン馬券以外の予想を参考にしたい方におすすめの予想サイトを紹介します。

 

競馬総本舗ミリオン

 

口コミや評価を見ても他の予想サイトに比べてかなり好評の予想サイトです。

 

メールアドレスさえ持っていれば、20歳以上の誰でも無料で会員になることができます。

こういった予想サイトを利用するときに面倒なのが会員登録ですが、実際会員登録をしてみたところフリーアドレスでも登録でき、わずか3分ほどで会員になることができました。

 

無料情報がかなり豊富なサイトで、お金を使わずに利用できる便利な予想サイトです。

もちろん有益な有料コンテンツもあるので、お金に余裕のある方はそちらも利用してみてはいかがでしょうか。

 

無料で勝馬予想!
穴馬券を当てる!

  

まとめ

 

曹国氏の辞任のニュースからヴァンケドミンゴ、慶大アメフト部とイギリスのニュースからユニコーンライオンを選びました。

 

また、菊花賞の歴代馬からのサインでヴェロックスを優勝できない馬に選びました。

 

サイン馬券は当たったらラッキー程度の馬券なので気楽に考えましょう。

 

大井競馬を攻略するための3つのポイントを紹介

 

地方競馬の中で有名な競馬場の一つが大井競馬場です。

 

大井競馬は出走馬のレベルも高いですし、東京大賞典といった大きいレースも開催されるので、地方競馬の中では人気の競馬場となっています。 

 

ただ、大井競馬は馬券を当てるのが難しいことでも有名です。

 

ここでは、大井競馬を攻略する3つのポイントを紹介します。

このポイントさえ頭に入っていれば、大井競馬での回収率も上がることでしょう。

 

 

大井競馬場の特徴

 

f:id:a-ki-0120:20191013142905p:plain

 

大井競馬場は他の地方競馬場と比べて大きな特徴がいくつかあります。

 

荒れる競馬場

 

大井競馬場は競馬場の中で「最も荒れる競馬場」と呼ばれています。

 

地方競馬は中央競馬よりも1番人気が勝ちやすく、荒れにくい傾向があります。

特に園田や笠松、名古屋など南関東競馬以外の競馬場が荒れにくいです。

 

しかし、大井競馬場は2ケタ人気がよく馬券内に来ますし、1番人気の馬が飛ぶのも日常茶飯事です。

 

なぜこんなにも荒れるのか理由は分かりません。

 

大井競馬の場合、人気のない馬が激走する根拠が見当たりません。

たとえば、重馬場成績が極端に悪く、近走も成績が2ケタ着順続きの馬が急に雨の日に1着になったりなど、なぜ勝ったのか理由が見つかりません。

 

普通、穴馬が来たとしてもそれなりの理由が見つかりますが、大井競馬の場合は見つからないのです。

 

 

 

直線が長い

 

大井競馬場は南関東競馬(浦和、船橋、川崎、大井)の中で最も直線が長い競馬場です。

大井競馬場には外回り、内回りが存在しますが、いずれも直線が長いです。

 

ですので、他の地方競馬場とは違い、逃げ馬が極端に有利な競馬場ではありません

 

 

グルメも豊富

 

予想には関係ありませんが、大井競馬場はバラエティ豊かな競馬場です。

 

特にモツなどのグルメが有名です。

他にもフリーマーケットやご当地のグルメ祭りなど色んなイベントが行われています。

 

来場者数が他の地方競馬場よりも多く、売り上げが多いのも特徴の一つです。

 

www.a-ki-0120.com

 

 

逃げ有利か追い込み有利か見極める

 

f:id:a-ki-0120:20190726105405p:plain

 

大井競馬場は日によって逃げ馬が有利か追い込み馬が有利かが変わってきます。

 

他の競馬場も同様ではありますが、大井競馬場の方が傾向が極端にでます。

 

たとえば、逃げ馬が残りやすい傾向の日は、1R~最終レースまでその傾向が続きます。

 

前が残りやすい傾向の場合、近走で凡走しており、力が足りない先行馬であっても上位に来る確率は高いです。

逆にいくら成績が良く、人気している馬であっても追い込み馬なら着外の可能性も大いにあり得ます。

 

傾向を考えずに、近走の成績がいいからや持ちタイムがいいからと言って馬券を買うと痛い目を見る可能性が高いのが大井競馬です。

 

ですので、開催週の最初のレースなどはあまり買わず、いくつかのレースを見て傾向を確認してから馬券を買った方がいいです。

 

傾向を知る方法は非常に簡単です。

前日のレースや当日のレースを見れば、簡単に知ることができます。

レースを見るのが面倒なら、馬券内に来た馬のレースでのコーナーの通過順を見れば分かります。

 

 

最終レースが荒れやすい

 

大井競馬は最終レースが非常に荒れやすいです。

 

人気のない馬が激走するのはもちろんのこと、1番人気の馬が馬券外に飛ぶ確率が高いです。

 

最初に大井競馬は最も荒れやすい競馬場で、穴をあけた馬がなぜ来たかがわからない競馬場であると述べましたが、その傾向が出やすいのが最終レースです。

 

2ケタ着順が続いている訳も分からない全く人気のない馬が頻繁に好走します。

 

こういった穴馬が激走し2着などに入ってくるため、3連単が十万以上になることがざらにあります。

 

少ない金額で高配当を狙いたい人や穴党の人は最終レースを狙いましょう。

 

 

 

騎手で買おう

 

f:id:a-ki-0120:20191013143335j:plain

 

勝ち馬予想する際、馬と騎手は7対3の割合で考えられることが多いですが、大井競馬を攻略したいのであれば5対5で考えましょう。

それほどまでに騎手の差が大きいのです。

 

大井競馬のリーディング上位の騎手と下位の騎手では差が顕著に出ており、リーディング上位の騎手は常に買い目に入れるべきです。

 

たとえば、常に全国リーディングの上位に位置する船橋所属の森泰斗騎手は大井1600mの複勝率は45%を超えています。

複勝率45%とは大井1600mに出走したら2回に1回は馬券内に来るということです。

 

逆に森騎手と同じくらいの騎乗回数の騎手でも大井1600mの複勝率が10%にも満たない騎手も存在します。

 

つまり、だいたい馬券内に来るジョッキーが決まっており、その騎手をきちんと買うことが出来るのかがカギとなってきます。

 

リーディング下位の騎手の馬の能力がいくら高くても、少々能力の劣る馬にリーディング上位の騎手が乗っていたら後者を買った方が馬券の的中率は上がるでしょう。

馬が強いからと言って騎手を見ないで買うのはやめましょう。

 

もちろん、リーディング上位の騎手は人気するためオッズが付きにくいですが、2回に1回馬券内に来る騎手を買わない手はないです。

 

 

まとめ

 

大井競馬はその時の有利な脚質を見極めて、リーディング上位の騎手を買いましょう。

 

荒れるレースで馬券を取りたい人は最終レースに挑戦しましょう。

 

当てるのが難しいとされる大井競馬も攻略ポイントさえ分かっていれば簡単に当てることができます。