初心者向け競馬ブログ

初心者の方に向けた競馬ブログです。

競馬初心者が知っておくべき騎手を紹介

 

競馬をやっていると馬7:騎手3と言われることがあります。

ただ、初心者の方が思っているよりも、騎手の力がレースに大きく作用しています。

 

競馬を予想する上で騎手を知っているのと知らないのとでは、的中率も変わってきます。

また、騎手を知ることによって競馬をより一層楽しむことができるでしょう。

 

ここでは、中央競馬の有名な騎手や初心者の方に知ってほしい騎手を紹介します。

 

武豊 

 

言わずと知れた競馬界のレジェンドです。

JRA通算4000勝を達成したのは中央競馬の長い歴史の中で武豊ただ一人です。 

 

競馬初心者でも知っているような名馬ディープインパクトやキタサンブラックに乗っていた騎手でもあります。

長きにわたって活躍し、競馬界を盛り上げているスターです。

 

 

M.デムーロ 

 

常にリーディング(勝ち数)上位に位置する、外国人騎手です。

 

G1など大きな舞台で力を発揮する騎手という印象があります。

 

カタコトの日本語でインタビューを受け答えする姿は微笑ましいものです。

天皇賞・秋での天皇陛下への敬礼は競馬史に残る名シーンです。

 

 

 

C.ルメール 

 

現状、JRAの騎手の中で一番乗れている騎手であることは間違いないです。

 

2018年のリーディングジョッキーであり、G1など大きな舞台でもたくさん勝っています。

 

通算の複勝率が約45%なので2回に1回は馬券に絡む騎手です。

初心者の方もルメールの名を見たら無条件で馬券を買ってみてもいいかもしれません。

 

 

戸崎圭太 

 

2014年~2016年までのリーディングジョッキーです。

関東No1ジョッキーと言っても過言ではないでしょう。 

 

人気のある馬に乗る機会が多い騎手です。

大きなレースになると上手く力を発揮できない騎手という印象が強いです。

 

 

丸山元気 

 

知名度は低い騎手ですが、穴馬をもってくる騎手です。

 

人気のない馬に多く乗っていますが、しれっと2着や3着に穴馬をもってきます。

気が向いたら買ってみるのもいいでしょう。

 

 

 

岩田康成

 

独特なフォームで騎乗する騎手です。

 

何人か独特な乗り方をする騎手がいますが、その代表格の騎手です。

最後の直線ではどれが岩田騎手か一目で判断することができます。

 

インから突っ込んでくるイメージが強い騎手です。

 

実力ももちろんあるので馬券内に来る確率も高いです。

 

2019年には息子の岩田望来騎手が中央競馬デビューしました。

 

 

藤田菜七子

 

JRA唯一の女性騎手です。

 

話題になることが多く、今後の競馬界を盛り上げてくれる騎手であることは間違いありません。

既に歴代の女性騎手の記録をほとんど塗り替えており、非常に腕のある騎手です。

 

レースで勝った時は競馬場全体が盛り上がるので、あの雰囲気を味わいたい方はぜひ現地へ足を運んでみてください。

 

www.a-ki-0120.com

 

 

川田将雅

 

現在、日本人の中で一番乗れている騎手と言えるでしょう。

 

毎年活躍はしていましたが、2019年に急成長を遂げました。

G1にはほぼ確実に騎乗しており、人気馬に乗ることも多いです。

 

2019年の凱旋門賞ではブラストワンピースに騎乗しました。

 

 

まとめ

 

今回紹介した以外にも中央競馬には色んな騎手がいます。

 

競馬をやっていくうちに自分の好きな騎手や相性の良い騎手が出てくるので、それまでは今回紹介した騎手を中心に馬券を買ってみてはいかがでしょうか。