初心者向け競馬ブログ

初心者の方に向けた競馬ブログです。

日本で活躍できなかった外国人騎手をまとめてみました

 

近年、日本競馬界では外国人騎手の活躍が著しいです。

その反面、日本人騎手は不甲斐ないと言われています。

 

実際、2018年の秋は外国人騎手が10連続G1勝利を果たしました。

また、11月には1Rから11Rまで外国人騎手が勝つなど、今や外国人騎手を買えば当たるとまで言われています。

 

ただ、日本に来る外国人騎手は、世界でも活躍している騎手ばかりなので、質のいい馬に乗る機会が多く、その分勝てているという背景もあります。

 

しかし、日本に来る全ての外国人騎手が活躍しているわけではありません。

YOUは何しに日本へ状態の外国人騎手が意外と多くいます。

 

ここでは、日本で活躍できなかった外国人騎手を紹介します。

 

 

F.ブロンデル

 

2019年1月に来日したフランスの騎手です。

結構なベテラン騎手で年齢は40歳を超えています。

 

2019年の1月と2月の2ヶ月間日本で騎乗しましたが、その間の成績が62回騎乗して2勝しかできませんでした。

 

しかも、その2勝も帰国する間際の週に駆け込みで勝った2勝で、来日から1ヶ月半の間1勝もできませんでした

 

ただ、この騎手の場合騎乗している馬質があまり良くなかったというのもあります。

実際、2勝のうち1勝は15番人気の馬でした。

 

 

A.アッゼニ

 

イギリスで活躍しているイタリア人騎手です。

海外では大きいレースを何度も勝つなど活躍していますが、日本ではあまり活躍できませんでした。

 

2015年、2016年ではそこそこ活躍しましたが、2017年は29回騎乗して1勝しかできませんでした。

 

真偽のほどは分かりませんが、色々と日本で揉めて帰国したという情報があります。

なので、今後来日してくれるかは分かりません。

 

 

D.マクドノー

 

アイルランドのトップ騎手です。

アイルランドでリーディングを取るなど活躍していましたが、日本では活躍できませんでした。

 

日本での通算成績は113回騎乗して4勝しかできませんでした。

日本の重賞も1度も勝つことはありませんでした。

 

D.マクドノー騎手が短期免許で来日した2016年の1月は、他にも外国人騎手が来日しましたが、どの騎手もパッとしない成績でした。

 

 

L.コントレラス

 

ある意味日本に衝撃を与えたメキシコ人騎手です。

日本での通算成績は56回騎乗して2勝というイマイチな成績でした。

 

成績以上に衝撃を与えたのが、体内から薬物が検出されたことです。

抜き打ちのドーピング検査でオキシコドンという強い鎮痛効果のある麻薬が検出されました。

JRAは今後5年間免許を交付しないと発表しましたが、もう来ることはないでしょう。

 

 

T.ベリー

 

香港で活躍しているオーストラリア人騎手です。

F.ベリーという日本でも活躍した有名な騎手がおり、同じベリーという名前から、一部の競馬ファンからは偽ベリーと呼ばれている残念な騎手です。

 

日本での成績はそれほど悪くなく、通算成績は196回騎乗して23勝しています。

ただ、もっと活躍しない限り、偽ベリーと呼ばれ続けるでしょう。

 

 

まとめ

 

日本で活躍できなかった外国人騎手は結構いるので、競馬初心者の方は問答無用で外国人騎手を買うのはやめておいた方がいいと思います。

外国人騎手で買うなら無難にルメールやデムーロを買うことをおすすめします。

 

今後も短期免許で色々な外国人騎手が来日するので、どんな活躍をみせてくれるか楽しみです。