初心者向け競馬ブログ

初心者の方に向けた競馬ブログです。

競馬にビギナーズラックは存在するのか

 

ギャンブルなどをやっているとビギナーズラックという言葉をときどき耳にします。

ただ、競馬などの公営競技はある程度知識がないと、当たらないのではと思う人もいるかもしれません。

 

ここでは、競馬にビギナーズラックは存在するのか、自身の経験を基に考えてみました。

 

 

ビギナーズラックとは

 

ビギナーズラックとは、初心者が持っている幸運のことを指します。

特に何も知らない状態で、良い結果が出ることをビギナーズラックと呼びます。

 

私はこれまで30人ほどの競馬初心者を競馬場やWINSに連れて行きました。

その時、マークシートの塗り方や馬券の買い方は教えましたが、自分の予想や予想の仕方については詳しく教えることはしませんでした。

 

相手の方から教えてほしいと言われれば教えましたが、そうでない限りは自分なりの方法で馬券を買って、楽しんでもらうようにしていました。

 

なのでこの状態で、馬券が的中すればビギナーズラックと呼べるのではないでしょうか。

 

 

ビギナーズラックはあるのか

 

まず最初に1000円の単勝が2000円になったなどはビギナーズラックとは呼べないと思います。

逆に1000円の単勝が30000円になったなどはビギナーズラックと呼べるでしょう。

つまり、競馬の場合は競馬初心者が穴馬を買って、的中したらビギナーズラックがあると言ってもいいのかもしれません。

 

それを踏まえて考えると、30人ほどの競馬初心者をみてきましたが、ビギナーズラックだなと思ったのは6人くらいです。

 

的中例としては、200円の単勝が18000円になったり、500円の複勝が10000円になった、5000円の複勝が50000円になったなどがあります。

 

的中したどの人も好きな数字だから買ったや名前が恰好よかったから買ってみたなど、真剣には予想せず馬券を買っています

何も知らない状態で、高額な馬券を的中させているので、これこそがビギナーズラックだと言えるでしょう。

 

 

極端にオッズが高い馬が勝つレースは予想してもなかなか当たりません。

競馬には結果的に、ビギナーのほうが当てやすいレースが一日何レースかあります。

そのレースを買って、馬券を的中することができる人がビギナーズラックを持っている人といえるでしょう。

 

 

まとめ

 

 

競馬にビギナーズラックは存在します。

ただ、ビギナーズラックは存在するという結論に至りましたが、自分の経験を基にたどり着いた結論なので、信じるか信じないかはあなた次第です

 

競馬初心者の誰しもにビギナーズラックがあるわけではなく、ここの統計だけで考えるなら5人に1人がビギナーズラックを得ることができるのでしょう。

ただ、ビギナーズラックとまでは言えないが、馬券が的中してプラスで帰れる可能性は誰にもあります。

実際初めて競馬をやって、一度も馬券が的中しなかった人は2人くらいしかいませんでした。

 

 

また、競馬は詳しくなればなるほど当たらなくなることがあります。知識があり過ぎて、考え方が固まってしまうからです。

 

ですので、競馬に詳しい人だけが儲かるわけではなく、競馬初心者の方にも儲かるチャンスはあります

 

もし競馬に興味があるなら、一度経験してみたらいかがでしょうか。