初心者向け競馬ブログ

初心者の方に向けた競馬ブログです。

競馬場に行く時必要な持ち物

 

初めて競馬場に行く際、何を持っていけばいいかわからないと思います。

 

競馬をするのに特別なものは必要ありませんが、ここでは競馬場に持っていった方が、競馬をより楽しめる物を紹介します。

 

 

新聞

 

ネットで出馬表を見る人以外は持っていった方がいいでしょう。

競馬場やWINSにスポーツ新聞や競馬専門誌は売っているので、当日買ってもいいと思います。

競馬初心者の方は、そこまで専門的な情報は求めていないと思うので、値段も安いスポーツ新聞をおすすめします。

 

前日から予想したい人は、事前に新聞を買って持っていくといいでしょう。

前日に予想して、買いたい馬に印をつけておくと、当日余裕を持って競馬観戦ができます

 

ただ、新聞代も節約したいという方は、当日競馬場で出馬表が配られているので、それを見ながら馬券を買ってもいいと思います。

 

 

ブルーシート

 

東京競馬場などでは芝生の上にブルーシートを敷いて、レースを観戦することができます

1人で行くのならあまり必要ありませんが、友人や家族で行くのなら持って行くのはありだと思います。

晴れた日に広い競馬場の芝生の上で、ビール片手にのんびりレースを見れば、最高の休日となること間違いないでしょう。

 

 

 

赤ペン

 

競馬をやっている人のイメージとして、赤ペンを耳にはさみながら競馬新聞を読んでいるイメージが多分あると思います。

 

何故赤ペンを持っているのかというと、気になる馬がいた時などに、新聞にマークしやすいからです

黒ペンだと見にくくなるので、赤ペンがベストです。

 

また、マークシートを塗る際に塗りやすいという理由もあります。

競馬場に行くと、マークシートを記入する機会はいたるところであります。

そんな時に役立つのが赤ペンで、どんな場所でもマークがしやすいです。

 

競馬場やWINSにはマークシートを塗るための鉛筆が用意されており、誰でももらうことができます

ただ、この鉛筆は持ち運びには不便で、鉛筆の芯がむき出しの状態で持たなくてはいけないので、結構邪魔になります。

 

なので、赤ペンもしくは黒ペンを持っていけば馬券の購入がスムーズになります。

 

 

双眼鏡

 

あまり必要ありません

スタンドからレースを見る際、双眼鏡があれば便利ですが、メインモニターでもレースは見れるので使っている人はほとんどいません。

 

 

 

まとめ

 

正直、競馬場には手ぶらで行くことができます

交通費と入場料さえあれば1日楽しめるのが、競馬場の魅力とも言えます。

 

ただ、今回紹介した物を持っていけば、より一層競馬を楽しむことができると思います。