初心者向け競馬ブログ

初心者の方に向けた競馬ブログです。

競馬好きがよく使う言い訳をまとめてみた

 

周りの人から競馬をやめるよう勧められた時、競馬で大負けした時などに競馬好きがよく使う言い訳をまとめました。

 

 

経済を回してる

 

お金をたくさん使うことで経済を回してるという意味で使います。

 

競馬好きの人が一番使う言葉かもしれません。

競馬に関わらず、パチンコなどギャンブルをやる人に幅広く使われている言葉です。

 

中央競馬では馬券の売り上げの一部が国庫に納付されます。

この国庫納付金は畜産振興や社会福祉に活用されているので、日本の経済に貢献はしていると思います。

 

ただ、この言葉を使っている人のは半分くらいは経済を回すという意味をしっかり理解していないと思われます。

 

 

競馬はギャンブルじゃなくてスポーツ

 

主に競馬で負けた時に使います。

 

自分はギャンブルにはまっているのではなく、スポーツにはまっているということを強調してきます。

お金を払って何も得ることができなかったので、スポーツ観戦にお金を払っていると思いたいときに使います。

野球やサッカーを観戦するのに数千円かかるのと同じで、競馬を観戦するにもお金がかかると思うようにしているだけです。

実際、競馬は入場料200円払うだけで全レース観戦することができます

 

ただ、JRAも競馬はスポーツの側面も持っていると言っているので、スポーツ観戦という意味では間違いではありません。

 

 

 

JRAに寄付している

 

この言葉も競馬で負けた時によく使います。

 

JRAの設備をよくするためや競馬界の発展のためにお金を寄付していると言います。

以前、競馬場に行った時「あの電球は俺のお金でつけられたもの」や「トイレがきれいなのは俺がJRAに寄付しているから」と言っている人がいました。

 

馬券を買う人がいなければ、競馬は成り立たないのでこの言葉は間違いではないのでしょうが、寄付ではないような気がします。

 

似たような言い回しは競馬場に行けば1日1回は聞くでしょう。

 

 

競馬は投資

 

競馬は投資でギャンブルではないという意味で使われます。

 

ギャンブルより投資という言葉の方が、クリーンなイメージがあると思います。

ギャンブルと投資の違いをはっきり説明できる人は少ないので、この言葉を言われたらなかなか反論しづらいです。

 

ただ、利益を出していないのなら投資と言われても、言い訳にしか聞こえません。

 

 

趣味程度でやっているから

 

競馬好きがよく言う、「趣味程度でやっている」は大半が信用なりません。

こういうことを言う人の半分くらいは趣味程度では収まっていないと思います。

 

趣味程度が一体どのくらいの金額かは人それぞれですが、一般的に生活に支障がない程度のことを指すと思います。

 

本当に趣味程度で競馬を楽しんでいるのなら問題ありませんが、人にお金を借りたりしているのに、趣味程度でやっているからという人もいます。

 

 

まとめ

 

タイトルには言い訳と書きましたが、自分のお金で無理なく競馬する分には何を言おうが何も問題はないと思います。

 

ここで紹介した言葉を本気で言っている人はあまりいないでしょう。

 

大きく勝つ時もあれば大きく負ける時もあるのが競馬です。

上記であげた言葉は、負けた時に心を保つために、自分自身に言い聞かせている部分もあります。

 

競馬をやらない人には「何言ってんだこいつ」と思うかもしれませんが、やさしく聞き流してもらえればいいなと思います。