初心者向け競馬ブログ

初心者の方に向けた競馬ブログです。

競馬を趣味にするとき注意すべき弊害

 

競馬を趣味にすると、競馬を通じて知り合いが増えたり、毎週末の楽しみが増えるなどのメリットがあります。

ただ、デメリットもあり、それを知った上で競馬をやった方がより競馬を楽しむことができるので、ここでは競馬による弊害を紹介します。

 

 

金銭感覚が狂う

 

競馬はギャンブルの側面も持つので、金銭感覚が狂う可能性は高いです

 

競馬で負けた際、負けた金額を取り返そうという心理が働くのがギャンブルです。

熱くなってしまうと身の丈以上の金額を使ってしまうことはよくあります。

 

普段何か買う時に100円の差でも買うのをためらう人も、馬券を買うとなると躊躇なく買う人は結構います。

 

100円や1000円の価値観が変わってしまう可能性は大いにあります。

  

競馬を始めたての頃は少額で楽しめていたのに、数年後にはかなりの額を使わないと楽しめないといったことは多々あります。

 

ただ、逆のタイプの人もいます

始めたての頃に熱くなってお金を使い、しばらくしたら重賞しか買わないなど、買うレースを絞るようになる人もいます。

 

 

週末がつぶれる

 

中央競馬は基本土日に開催されているので、競馬を趣味にすると週末はつぶれます。

仕事や学校は土日休みがほとんどだと思うので、休みの日は競馬で過ごすことが多くなります。

ただ、レースは朝から夕方までなので、夜は時間はとれます。

 

今まで、土日に誰かと出かけたりしていた時間が、競馬を見る時間に変わると思います。

 

もちろん、ネット投票から馬券を買えたり、グリーンチャンネルwebに加入すればスマホでレースを見ることができるので、出先でも競馬を楽しむことはできます。

ただ、競馬に興味のない人と一緒に出かけた時、競馬のことを気にかけ過ぎるといい顔はされません。

 

週末がつぶれるという書き方をしましたが、楽しいことをして週末を過ごせるので、いい週末の過ごし方とも言えます。

どういう風にとらえるかは、人それぞれだと思います。

 

 

競馬をやめようと思ってもすぐにはやめれない

 

競馬を止めようと思ったときに、スパッと止めれる人は少ないと思います。

止める理由にもよりますが、金欠などのお金関係ではなかなか止めることができません。

今までに負けた金額を考えたり、次は当たるという心理から、止める踏ん切りがつきません。

やめたくてもやめれないのは、ギャンブル依存症と言っても過言ではありません。

 

ただ、日常生活に支障が出るほど競馬にのめり込まなければ、止めるのも難しくはないでしょう。

 

 

印象がよくない

 

競馬が趣味ということを隠していれば問題ないですが、競馬が趣味と周りに言うとあまりいい顔はされません。

競馬好きの人に言えば喜ばれますが、競馬を知らない人からは敬遠されやすいです。

 

理由としては、競馬はギャンブルというイメージが強いので、金銭感覚のゆるい奴などと思われがちなためだと思います。

 

特に女性からの印象が悪いです。

今はUMAJOなど女性を取り込もうとする動きはありますが、まだまだ競馬女子は少ないです。

 

競馬の魅力を知らない人からすれば、競馬=ギャンブルなので競馬が趣味と公言すると印象良く思われないです。

 

 

まとめ

 

競馬を趣味にした時の弊害を紹介しましたが、これが絶対に起こるというわけではないです。

金銭感覚が狂わない人やスパッと競馬を止められる人はいます。

 

なので、これから競馬を始めようとしている人は、ここで紹介したことを頭の片隅に置いておく程度で大丈夫だと思います。