初心者向け競馬ブログ

初心者の方に向けた競馬ブログです。

馬券のワイドとは?競馬のワイドについて徹底解説!

 

馬券には色んな買い方が存在しますが、競馬初心者の方でも一度はワイドという言葉を聞いたことがあるでしょう。

 

ただ、馬券のワイドとは一体どういうものなのかなど、疑問に感じている人も多いでしょう。

 

ここでは、馬券のワイドについてまとめてみました。

 

 

ワイドとは

 

f:id:a-ki-0120:20190726102417p:plain

 

ワイドとは3着までに入る2頭を当てる馬券のことです。

 

3着までに入る馬を2頭当てる馬券なので、2頭を選ばなくてはならないですし、1頭だけが3着以内に入っても的中とはなりません。

 

たとえば、12頭立てのレースで馬番号3と5の組み合わせのワイド馬券を買ったとします。

このレースで馬番号3と5の馬が両方3着以内に入れば、馬券が的中となります。

もし、3番の馬が2着で、5番の馬が4着だった場合は的中とはなりません。

 

要は2頭の馬を選んで、その2頭が3着以内に入ればいいのです。

 

 

 

ワイドのメリット

 

ワイド馬券のメリットと言えば、的中しやすいことでしょう。

 

ワイドの場合、馬単のように順番通りに当てる必要はなく、3着以内に入る2頭を選べばいいので、比較的に当てやすい馬券となっています。

 

競馬には単勝や複勝、馬単、馬連、3連単、3連複などがありますが、ワイドは複勝に次いで当てやすい馬券となっています。

 

当てやすい半面、配当が少ないことが多いですが、人気薄同士の組み合わせならば万馬券になることも珍しくありません。

 

オッズがそこそこついて、的中確率も低くない馬券がいいと思う人はワイド馬券がおすすめでしょう。

 

 

的中率を上げたいならワイドボックス

 

ワイドを1点で買うのもいいですが、的中率を上げたいならワイドボックスがおすすめです。

 

通常ワイドを買う時は3着に来る2頭を選んで馬券を購入しますが、ボックスの場合は2頭以上選ぶことができます。

 

たとえば、ワイド5頭ボックスなら3着以内に来そうな馬を5頭選び、その5頭のうち2頭以上が3着以内に来れば馬券的中となります。

 

3頭ボックス以上の場合は、選んだ馬のみで1~3着が決まる場合もあります。

この場合は3通りの配当を得ることができます。

 

 

実際の購入例

 

ここでは、実際にネットからワイド馬券を購入する流れを写真付きで解説します。

 

f:id:a-ki-0120:20191102211202j:plain

 

↑まず、中央競馬の馬券を購入する場合はJRAネット投票にログインします。

地方競馬であればオッズパークや楽天競馬にログインしましょう。

 

ログインしたら通常投票を選択しましょう。

 

ちなみに購入方法はどのサイトでも基本的には同じです。

 

f:id:a-ki-0120:20191102211233j:plain

 

↑次に買いたいレースを選び、式別はワイドを選択します。

 

f:id:a-ki-0120:20191102215142j:plain


↑式別を選んだら、次に方式を選択します。

ここでは、1点しか購入しないので通常を選択します。

 

組み合わせて馬券を購入しないのであれば、通常を選択しましょう。

 

先ほど紹介したワイドボックスを購入したい方はボックスを選択しましょう。 

 

f:id:a-ki-0120:20191102215119j:plain


↑あとは3着以内に来そうな馬を2頭選んで、購入金額を決めれば購入完了となります。

 

ワイド以外の馬券も上記の方法で購入することができるので、この買い方を覚えてしまえばこの先も快適に馬券を購入することができるでしょう。

 

 

ワイドに向いている人

 

f:id:a-ki-0120:20190724091705p:plain

 

ワイド馬券は知名度は高いですが、人によって好き嫌いが分かれる買い方でもあります。

ワイドでしか買わないという人もいれば、ワイドなんか買ったこともないという人もいます。

 

ここでは、ワイド馬券に向いている人を紹介します。

 

ある程度まとまった金額を使いたい人

 

ワイドは的中しやすい半面、配当が少ない傾向にあります。

ですので、100円などの少額では仮に的中したとしても儲かりにくいです。

 

逆に1レースに1万円以上つぎ込みたい人はワイドがおすすめです。

仮に人気馬同士のワイドが的中したとして、1万円分購入していればそれなりの金額が返ってきます。

 

1番人気と2番人気の組み合わせでも2倍くらいは付くので、1万円入れれば2万円になって返ってきます。

 

順番通りに当てるのが苦手な人

 

馬単や3連単で選んだ馬は来ているのに、着順で馬券を外してしまうことが多いという人はワイドがおすすめです。

 

まず、ワイドは順不同で当てる馬券なので、着順で外れるといったことはありません。

 

さらに、選んだ馬は来ているのであれば3連単につぎ込むお金をワイドにそのまま入れれば、かなりの額になって返ってきます。

 

予想は当たるのに馬券が外れるという状態が一番良くないので、順番通りに当てるのが苦手な人はワイドを買ってみましょう。

 

 

 

ワイド以外のおすすめ馬券

 

競馬には様々な馬券が存在し、ワイド馬券以外にもおすすめの買い方がたくさんあります。

おすすめの買い方の記事をいくつか書いたので、気になる方はご覧ください。

 

www.a-ki-0120.com

 

www.a-ki-0120.com

 

 

まとめ

 

ワイドとは3着以内に来る馬を2頭当てる馬券なので、比較的当てやすい馬券となっています。

 

購入方法も難しくなく、競馬初心者でも簡単に購入することが出来るので、気になる方は一度購入してみてはいかがでしょうか。