初心者向け競馬ブログ

初心者の方に向けた競馬ブログです。

競馬好きでもギャンブル依存症にならない方法

 

競馬=ギャンブルと捉える人は多いと思います。

ギャンブルという言葉にいいイメージがないので、競馬もマイナスなイメージになってしまうことがあります。

ただ、ギャンブル依存は良くないですが、適度にギャンブルを楽しむのは悪くないと思います。

 

ここでは、競馬を適度に楽しむ方法を独断と偏見で紹介します。

 

 

ギャンブル依存症とは

 

ギャンブル依存症とは、ギャンブルをしたい衝動から逃れられず、社会生活上に問題が生じることを指します。

WHOに精神疾患のなかの依存症のひとつと認定されています。

 

今回は、ギャンブル依存症をギャンブルがやめたくても止められず、ギャンブルのために借金などをしてしまうことと定義します。

 

 

競馬はギャンブルなのか

 

競馬はギャンブルの他にスポーツという側面もあります。

馬券は買わず予想を楽しむ人やレースを見るだけの未成年などは意外と多くいます。

この方たちは、競馬をスポーツとして楽しんでおり、ギャンブルとしては楽しんでいません。

 

要するに競馬=ギャンブルとは一概には言えません。

 

 

競馬を適度に楽しむ方法

 

とはいえ、ギャンブルとして競馬を楽しんでいる人が多いのも事実です。

ギャンブル依存症になる可能性もあるので、依存症にならない程度に競馬を楽しむ方法を紹介します。

 

使う額を決める

1日に使う額をあらかじめ決めておけば、使いすぎることはありません。

抑えが利かず、お金がなくなるとすぐにお金をおろしてしまう人は、キャッシュカードや通帳を競馬場に持っていかなければ大丈夫です。

ネットで買う人は競馬用の口座を作り、使う金額だけ口座に入れておきましょう。

 

できるなら前日に買いたいレースを買ってしまいましょう。

 

ネットで買わない

ネット投票は便利な半面、お金を使いすぎてしまう可能性があります。

ネットはいつどこでも買えるので、買う予定のなかったレースや余計な買い足しが増えてしまいます。

 

競馬場やWINSでしか買えないようにすれば、わざわざ足を運ばないといけないので、予定があるときなどは馬券を買わずに済みます。

 

取り返そうとしない

競馬で負けが込むと、負けた分を取り返そうという心理が働きます。

例えばメインレースで5万円負けた場合、最終レースで払い戻しが5万円以上になるように、いつもと違った買い方で馬券を買おうとします。

この買い方で取り戻せればいいですが、なかなか上手くはいきません。

どのレースでも、負けた分のことは気にせず馬券を買った方がマイナスになる額は少ないのではないでしょうか。

 

また、損をしたと思わない方がいいです。少しでも競馬を楽しめたのなら、その楽しさを得るためにお金を払ったと思う方がいいと思います。

 

目的を変える

競馬をする目的は人それぞれだと思います。

お金が欲しいから競馬をやるというのもいいですが、競馬で儲けるのは難しいことです。

もちろん、儲けている人が一定数いることは事実ですが、負けている人の方が多いでしょう。

好きな馬や騎手がいるから馬券を買うなど、競馬をやる目的をお金儲けから変えてみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

 

競馬を適度に楽しむ方法を紹介してきましたが、個人的には人に迷惑をかけなければ、競馬にのめりこんでもいいと思っています。

競馬はとても楽しい娯楽です。

競馬が楽しいと思えるならば、いくらでもお金を使えばいいと思います。

 

ここで紹介した方法はもうやってるけど、ギャンブルに依存してしまう方は病院へ行きましょう。

 

 


マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ) (ヤングキングコミックス)